Hatena::Grouperlang

檜山正幸のErlang未確認情報 RSSフィード

 | 

2009-03-28 (土)

エラーメッセージ用コードのスケルトンを作る

| 12:48

「例外で投げるReasonデータについて考える」で紹介した方法はなかなか具合がいい。不慮の事故、予期せぬ災害というほどのことではないが値が出せないときは、キャッチされるのを期待してユーザー定義の例外を投げるとよい。

while(<>) {
    if (/^\s*throw\s*\(\s*{\s*{\s*([^\s]+)\s*,\s*(.+)}\s*,\s*(.+)}\s*\)/) {
	print "message($2, $3) ->\n  \"\".\n";
    }
}

これで、format_errorのメッセージ部分のスケルトンができる。Perlは滅多に使わないけど正規表現ツールには使う。そういや、ErlangにもPCREが付いたんだな。

 |