Hatena::Grouperlang

檜山正幸のErlang未確認情報 RSSフィード

 | 

2009-04-22 (水)

やっとわかった桁指定パディング付きフォーマット

| 09:07

printfの"%2d"みたいのが今までできなかった(苦笑)。

100> io:fwrite("~5.8.0B~n", [31]). 
00037
ok
101> io:fwrite("~6.16.0B~n", [31]). 
00001F
ok
102> io:fwrite("~6.10._B~n", [31]). 
____31
ok
103> 

ま、調べりゃすぐ分かることだけど。

  • 「~」 桁数 「.」 基数 「.」 パディング文字 「B」
  • 「~」 桁数 「.」 基数 「B」 (デフォルトは空白)
  • 「~」 桁数 「B」 (デフォルトは基数10;十進数
  • 「~」 「B」 (デフォルトはキッチリ詰める)

なんでBなのか? わからん、謎じゃ。

[追記]パディング文字は~も含めて何でもいいようだが、*はダメ。*は、なんか特殊みたい。[/追記]

ゲスト



トラックバック - http://erlang.g.hatena.ne.jp/m-hiyama/20090422
 |